ensorqとは?

グループ旅行を、あなた好みにカスタマイズ

[VOICE]外国人のわたしが着物で日本酒を満喫してみた

Keyvisual Image
2016年11月30日
  • Facebookでシェア
  • ツイート
  • LINEで送る
実は、今回の岩手町での旅で特に印象的だったのが利き酒でした。日本全国で日本酒は造られていますが、元々東北の地方の日本酒を好んで飲んでいたので、とても楽しみにしていました。

一緒に参加していた他の観光客の仲間とともに着物を着せてもらい、岩手町の中心にある商店街を歩きました。着物を身に纏うと心も穏やかになり、不思議とまるでタイムスリップをしたかのような懐かしい気持ちになるんです。



利き酒のお店は、商店街にある酒屋さんです。店内で1人ずつ気になる日本酒を選び、参加者がお互いに選んだ日本酒を交換しながら味の違いを楽しみました。生酒が好きな私は、お店の冷蔵庫に一直線。飲みたかった種類をすぐに選びました。迷ったり、日本酒についてよく分からない時は、お店の人に相談すると、好みにあった日本酒を紹介してくれますよ。また、店内には手頃な価格のおつまみがたくさんあり、ついつい「買いすぎ」てしまいました…。“お手頃価格×美味しさ=買いすぎ”の危険性は、実は日本を旅する際に「ついやってしまう事」のひとつとして聞いていたのですが…。



日本酒を選んだ私たちは、お酒をもって沢山のグラスが用意されたお店の一角に特別に案内してもらいました。近くのお肉屋さんのご主人が登場し、「短角牛の生ハム」を差し入れてくれました。本場イタリアで技術を学び、広い敷地で放牧している牛たちから造られたという逸品。その時にはまだ出回っていなかったようですが、今後岩手町を訪れた時はのお土産としてぜひ!とても喜ばれると思います。私たちはご主人が生ハムに合わせてくれた地元銘酒のお土産に大喜びしました。




 
前日から始まったお祭りは今日で2日目を迎え、引き続き商店街を賑わせていました。昨日参加した組の山車を見るべく、応援にかけつけました。着物を着て、ほろ酔い気分でテンションの高い私たちを見た時の仲間の驚いた表情は今でも忘れられません!





地方に向かう時の私の楽しみは、地元で作られているの飲み物を試すこと。実際にその土地の風を感じるからか、一層美味しい気がするのです。着物と銘酒がそろい、最高の経験となりました。

ensorqに相談をする

グループ旅の相談をする