ensorqとは?

グループ旅行を、あなた好みにカスタマイズ

”新・ご当地らあめん”作りに挑戦!「らあめんクエスト」

2017年03月07日
  • Facebookでシェア
  • ツイート
  • LINEで送る

「作って、食べて、語り合う」…そんな、らあめんタイケンに参加してみませんか?

いまや日本だけでなく世界中で愛される“麺料理の王様・らあめん”。国内外のらあめんファンやらあめん店主と一緒に、”グループで本気のらあめん作り”に挑戦してみませんか?

どうせ作るなら、「わざわざ足を運びたくなる“究極のらあめん”」を生み出すことを目指しましょう! この記事では、岩手県盛岡市で行われた外国人グループによる「らあめん作り」体験の模様をご紹介します。


当日は朝10:00に盛岡駅の目の前にあるアイーナ(いわて県民情報交流センター)に集まり参加者みんなで、らあめんディスカッション。記念すべき、らあめん作りのテーマを話し合います。わんこそば・じゃじゃ麺・盛岡冷麺と三大麺が有名な、NOODLE TOWN・岩手にふさわしい、新らあめんを、参加者みんなで話し合うことからスタートです。
 


そしてその後には、思い思いのスープ、麺、トッピング食材を選びながら、らあめん作りにチームに分かれ挑戦します。地元のらあめんマスターがコツやヒントを伝授してくれますから、初めてのらあめん作りの人も安心です。"My家らあめん"を既にお持ちのらあめんマニアの方には、地域の食材を活かした新しい味つけにチャレンジしてみてください。らあめん作りが終わった後には、各チームのらあめんを食べ比べて、その日生まれたNo.1「らあめん」を決定する投票を行います。No.1らあめんに選ばれると、素敵な特典もあるみたいですよ♪
 

らあめん作りが終わった後には、盛岡市内の人気らあめん店へ

らあめん作りの後には市内へ移動し、人気らあめん店の名物麺の味を堪能しながら、その日のらあめん作りを振り返り、わざわざ足を運びたくなる「新らあめん」について再び語り合います。厨房の中に入れたり、店主に話を聞けたりも出来ますので、普段は覗くことのできない、プロのらあめん作りの世界を除くことが出来ます。最後に、この日選ばれたNo.1らあめんを作ったチームを表彰し、この日のプログラムは中締めです。さらに市内のらあめん店を探索したい方は”らあめんマスター”に相談し次の行き先を相談してもいいですし、大正時代の名残が残る紺屋町の街歩きに繰り出してもいいかも知れません。

みんなでつくれば楽しい。みんなでつくるから美味しい。東北にぴったりの「究極のらあめん」をみんなで完成させましょう!

Note: 過去の「らあめんクエスト」参戦記が読めます

このレポートで紹介した「みちのくらあめんクエスト」には、日本人・外国人合わせて14人が参加し開催され好評を博しました!外国人から見た「参戦記」も公開中ですので、ぜひご覧ください。

参加者による「参戦記1(らあめん作り)」はこちら
参加者による「参戦記2(らあめん作り)」はこちら














 

 

遊び方で探す

いっしょに学ぶ 友だちができる いっしょに作る 田舎で 外国人も一緒に 美味しいもの

ensorqに相談をする

グループ旅の相談をする