Keyvisual Image

【旅サラダで紹介・岩手町】昨年は外国人も多数参加で大人気!岩手町町民なりきり「秋まつり潜入」とは

  • Facebookでシェア
  • ツイート
  • LINEで送る

“日本一ひとが降りない新幹線駅”のある岩手町町民が誇るのが「秋まつり」。今年は10/6(金)~10/8(日)で予定されています。そんな町の一大イベントに、町民と同じ装束で、一緒に町を練り歩き、一緒に食事を囲み労をねぎらう。まさに“町民”の一員として参加できちゃうensorqだけの限定プログラムは、近日中に募集を開始します。キャベツの町「岩手町」ならではのキャベツの楽しみ方(キャベツマンも…!?)も予定していますので、お楽しみに!

↓昨年大好評いただいたプログラムの様子です。

外国人と日本人がともに遊び、ともに地域を学ぶことが、新たな出会いを生み出し、これまでの旅とは一味違う想い出が生まれるはず。こんな思いから生まれた「なりきりプロジェクト」。
第1弾は、岩手県岩手郡岩手町です。日本で一番、新幹線の乗降客数が少ない駅「いわて沼宮内駅」がある小さな町です。町名に県名である「岩手」が3つも連ねながら、日本国内でもあまり知られていない小さな町です。そこで、10月1日から3日にかけて行われたのが「秋まつり」。3日(月)は平日なのに、町内の学校が休みになるほど、岩手町町民にとって、プライドをかけたイベントです。

参加者の体験記(1)はこちら
参加者の体験記(2)はこちら

日本の祭りは「神事」です。日本の祭りでよく見かける「神輿」と「山車」の違いは知っていますか?浅草で行われる三社祭などで多くの人が担いでいるのが「神輿」で、神様の「乗り物」です。対して、京都の祇園祭りなででみられる多くの人で引いているのが「山車」で、人が乗り、太鼓を叩いたり踊ったりして神様を誘導するものです。岩手町には「組」と呼ばれる5つの町内会があり、毎年それぞれ趣向を凝らした大きな「山車」を作ります。秋まつりの3日間、それぞれの組がずっと町内を山車とともに練り歩くのです。屋台も並び、普段は人影も少なく静かな岩手町が人手で賑わい、一変します。

今回のプロジェクトは、そんな岩手町民の神聖かつ誇りである「秋まつり」に、町民としてなりきって参加するもの。お祭りをただ眺めるのではなく、「組」に入り、同じ装束を着て、一緒に山車を引き、一緒に休憩し、一緒にお酒を飲む特別なプロジェクト。床に座り、お酒を注ぎ合う日本ならではのスタイルに、参加者の外国人旅行者は大喜び。帰る時には、握手&ハグで見送られるなど名残惜しさが伝わってきました。

翌日は、観光客としてお祭りを見学します。着物に着替えた旅行者たちは、前日に参加した「組」の山車を見つけると、声をあげてハイタッチで迎えます。今回のプロジェクト一番のハイライトとなりました。

後日、町の人に伺ったのは・・・90歳のおじいちゃんが「外国人とハグしたー」と喜んでいたとか、「ハイタッチで山車が迎えられるなんて見たことない」とか、
町の人たちが、心の底から喜び、楽しんでくれていたことが分かりました。「観光客」としてではなく、「仲間」として参加できるからこそのあったかい交流ができるのが、
この「なりきりプロジェクト」の醍醐味です。参加者の外国人旅行者も「こんなに歓迎されたのは初めて!」「日本男児が好きになった!」と、町の人たちのあたたかさに感激していた様子。

岩手町の人からの伝言です。
「来年もまた来てね」

商品の詳細をみる
募集中です
参加をリクエストする場合は、会員登録およびログインが必要になります。

開催予定日

2017-10-06 09:00
予約締切
2017-10-01 00:00
2017-10-07 09:00
予約締切
2017-10-01 00:00
2017-10-08 09:00
予約締切
2017-10-01 00:00

料金

¥9,500
(消費税別)

エリア

東北
開催場所
岩手県岩手町(詳細は決定次第ご連絡いたします)