Keyvisual Image

岩手町町民なりきりプロジェクト第2弾!「団子づくり&宴会」潜入プログラム

岩手県岩手郡岩手町。県名の「岩手」がなんと3回続く、全国的にも珍しいトリプル地名の町です。さらに、町の象徴「いわて沼宮内駅」は、日本国内で最も乗降客数が少ない新幹線の駅でもあります。そんなネタだらけの岩手町は、とにかく明るい。奥ゆかしいと言われる東北はどこへ!?と思うほどです。

ensorqでは、そんな岩手町で昨年10月に「岩手町町民なりきりプロジェクト第1弾」を実施しました。町の誇りである「秋祭り」に、町内会の一員として参加させてもらい、地元の人と町中を一緒に歩き、一緒に食べ、飲み、交流を満喫しました。参加者からも、岩手町の方からも「また行きたい」「また来て欲しい」という声が上がり、今回、プロジェクト第2弾を実施します!

 

「岩手町町民なりきりプロジェクト」第1弾記事はこちら
 

祭がない今回は、まさに何気ないいつもの地元の生活に溶け込む「なりきり」感満載のプログラムです。地元の名物である焼だんごを一緒に作り、地元の人と一緒に酒を酌み交わします。

Youtube動画でも話題となっている破天荒なゆるキャラ「キャベツマン」も参戦決定!キャベツマンは、春キャベツが特産の岩手町の「キャベツの妖精」だとか…とにかく岩手町の人と一緒に笑いころげる1日、是非ご参加ください!

 

破天荒なゆるキャラ「キャベツマン」はこちら

 

【スケジュール】

①団子づくり体験 (12:00~14:00)

・岩手町名物「焼だんご」づくり体験

・キャベツマン神社奉納

②地元宴会参戦  (14:30~16:30)

・町内食材仕入れ歩き

・BBQ or 花見(梅桜同時開花)or  屋内宴会

・日本酒利き酒

 

※夜は、キャベツマンがホストに変身する「キャベクラ」も登場。地元の人と一緒に練り歩きましょー!!












 

商品の詳細をみる
まもなく募集開始

エリア

東北
開催場所
岩手町沼宮内地域