Keyvisual Image

欧米圏で大人気!日本発「森林浴/Shinrin-yoku」 効果検証された森で体験!新感覚の「フフ山梨」森林セラピーensorq限定プログラム

  • Facebookでシェア
  • ツイート
  • LINEで送る


【ensorqレポ―ト】自然が導く“五感復活”で究極のリラクゼーション

「自然の音」がだんだん大きく聞こえてくる…不思議な感覚が次々と。


今欧米では「森林浴」が大人気と聞いて、早速行ってきました。今回体験したのは、癒し効果が科学的に検証された“森林浴効果”(NPO法人森林セラピーソサエティ)サイトより)を意味する「森林セラピー」です。日本で長く親しまれてきた「森林浴」から一歩進んだプログラムということで、ワクワクしながら都心から運転すること2時間半、知る人ぞ知る「フフ山梨」に到着です。森林セラピストさんに生活習慣やストレス度合いをチェックする15分程のカウンセリングを受けてから、森林に向かいました。
 


敷地内の森林に一歩足を踏み入れて、まず新鮮だったのはチップが敷き詰められたふかふかの地面の「踏んでいる」という感覚。普段コンクリートを革靴で歩いている足の指に久しぶりに力が入り、“踏む感覚”が戻ってきました。そして、次々と不思議な感覚が訪れます。段々大きく聞こえてくるようになる小川のせせらぎや鳥の鳴き声といった自然の音。木々の葉や枝の香りに呼吸が深くなっていくのを感じ、木に直接触れ、樹木の種類によって温度が異なることも初めての発見です。


五感のセンサーを活性化させて、自然の力を受け入れやすい状態にする

セラピストさんから「この先に空気の流れが変わる場所があります」とお題を出されます。すると、ある地点で、頬に触れる空気の密度や温度が変化したような気が…「だいぶ五感のセンサーが戻ってきましたね」と嬉しいお言葉をいただきました。空気浄化作用と深いリラクゼーション効果があるという樹木が放ち、下に溜まりやすいという「フィトンチッド」を多く浴びるため、森の中で横になるのも初めての経験です。しかも、この場所の森は、強いストレスを受けている人に大きい効果が見られるんだとか。中には、森の中に入ると自然と涙が流れる人も少なくないそう。


森林の中を歩き続けたにも関わらず、セラピー後はほとんど疲れを感じていないことに気付きます。何よりも、自然に集中し、他のこと考えることがほとんどなかったことに驚きました。「頭の中が空っぽになる」ってこんな感じでしょうか。これまで森林の中を歩いたことは多々ありますが、今回のような感覚は初めてです。セラピストさんは、「自然を感じたことに自ら気付くことが大切」と、決して無理強いせず、静かに寄り添い導いてくれました。五感を鎮めるのではなく復活させることで自然の力を受け入れやすくなる、頭での理解は容易なのですが、身体で実感できた初めての体験となりました。


森林浴のあとは、野菜たっぷりの昼食とハンモッグでひと休み

「フフ山梨」は広大な森の中にひっそりと佇む全13室のホテルです。森林もホテル私有地のため、ほとんど人に会うことなく体験できたことも最高のリフレッシュとなった要因のひとつ。施設内は屋外のジャグジー付の浴場や、広い芝生の庭に備え付けられたハンモッグ、外のテラス…自然と調和する施設にため息が出ます。





森林浴後の食事も格別。山梨特産の桃と地元の野菜をふんだんに使ったサラダは、間引きした若い桃のほんのりした甘さとシャキッとした歯ごたえがクセになりそうです。ひとつひとつの野菜の美味しさにいつもより敏感になった気がしました。温かい手作りのパンも、常温のお水ひとつにも身体が喜んでいるようです。



「フフ山梨」では、森林セラピーの他、ヨガ、瞑想、アート療法、農業体験、ほうとう作り体験…と幅広いプログラムが揃っています。広大な敷地、充実した施設、幅広いプログラムと、ひとり参加はもちろん、友達と一緒でも「つかず離れず」の距離を保てる不思議な空間です。

商品の詳細をみる
募集中です
参加をリクエストする場合は、会員登録およびログインが必要になります。

開催予定日

随時受付中
予約締切
4日前10:00

料金

¥10,000
(消費税別)

エリア

甲信越
開催場所
山梨県山梨市牧丘町倉科7190「フフ山梨」