【毎週土曜】 集え"工場萌え"も"カップルも!バスツアーで楽しく工場夜景をめぐる夜(川崎市)

Keyvisual Image

じわじわ人気上昇中の川崎工場夜景は、その美しさに思わずため息が出るほど。キラキラ輝く工場夜景の写真はSNS映え間違いなし?!夜景モードの撮影方法を練習してから出かけると、より楽しめますよ。

Sample User

開催予定日

毎土曜日(4/29、5/6運休)

料金に含まれるもの

バスガイド、川崎工場夜景ナビゲーター、夕食1回、各種保険

別途費用(現地で支払いを要するもの)

夕食時のドリンクを注文された場合は別料金となります。

日本四大工場夜景の一つ、神奈川県川崎臨海部の工場夜景。ちなみに、他の3つは北海道室蘭市、三重県四日市市、福岡県北九州市なんだとか。

もともとは海苔養殖や製塩が主産業だった川崎臨海部が、工場地帯に姿を変えたのは明治末期頃から。
京浜工業地帯の中心として日本の産業を支えた高度経済成長期を経て、現在では、石油・鉄鋼・電気・機械・環境などさまざまな産業が集積しています。
多くの工場が密集するこの地域では、夜を迎えると様々なプラントに明かりが灯り、その美しい「夜景」が注目を集めているのです。

川崎臨海部にはそれらの工場夜景を観賞できるスポットが多くあり、埋立地によって5~6つのエリアに分かれています。その中でも対岸の浮島町・千鳥町を見渡せるとあって人気の「東扇島東公園」まで、羽田空港から車でなんと約10分という近さ。

しかし、個人で行こうと思っても観賞スポットをどう回っていいか迷ったり、電車で行けるのは扇町というエリアのみだったり、路線バスで回っても時刻表を気にしなければならなかったり。少し落ち着かないですよね。


そこで今回ご紹介するのがこのバスツアー。
川崎臨海部工場夜景の見どころを効率的にめぐって迫力ある景色を鑑賞するほか、夜景のプロが厳選した知られざる場所や、普段は入ることのできないスポットからも特別に見学することができます。

16:20に東京駅を出発し、”焼肉のまち”川崎コリアタウンで焼肉ディナー。その後、川崎臨海部の工場夜景鑑賞へ。ガイドさんの解説を聞きながら観賞スポットを回り、思い思いに撮影も楽しめます。帰り道はお台場~レインボーブリッジ~歌舞伎座~銀座を夜景ドライブ!普段見慣れているはずの東京の景色も、観光バスから眺めると新鮮な気分になるものですね。

一人で参加するもよし、デートで使うもよし、グループでワイワイするもよし。

工場地帯の知識を持っていなくてももちろん大丈夫。川崎工場夜景ナビゲーターさんから詳しい解説を聞きながら、個人では行きづらい場所も多い工場夜景を堪能してみては。

会場案内

"焼肉のまち"川崎コリアタウン、京浜工業地帯など

主催

株式会社はとバス

問い合わせ先(電話)

はとバス予約センター TEL:03-3761-1100(8:00~20:00/年中無休)

基本情報

名称話題の川崎工場夜景スポット
メイン会場 "焼肉のまち"川崎コリアタウン、京浜工業地帯など
集合場所東京駅丸の内南口のりば(東京観光)
開催予定日毎土曜日(4/29、5/6運休)
所要時間/営業時間16:20〜21:40 ※終了予定時刻は、交通事情により前後する場合がございます。
予約締切
料金(税別)大人 6,200円 、子供 4,500円 (子供代金は6歳以上12歳未満)
料金に含まれるものバスガイド、川崎工場夜景ナビゲーター、夕食1回、各種保険
別途費用
(現地で支払いを要するもの)
夕食時のドリンクを注文された場合は別料金となります。
対象年齢どなたでも
参加資格どなたでも
持ち物特になし
募集人数上限42
最小催行人数1
主催株式会社はとバス
問い合わせ先(電話)はとバス予約センター TEL:03-3761-1100(8:00~20:00/年中無休)
問い合わせ先(メール)
URLhttps://www.hatobus.co.jp/app/search/course_detail/index?c_code=R294&s_date=20150101
その他予約締め切り:インターネットからお申込みは前日の23:59まで。空席があれば窓口では出発前まで。